top of page

月形刑務所での特別な訪問演奏…


こんにちは。

11月29日には、月形刑務所に訪問させていただき、

演奏をさせていただきました。

刑務所で演奏をさせていただくのは今回で3回目。

2018年に札幌刑務支所(女性の刑務所)

今年の夏に、札幌刑務所。

そして、今回、月形刑務所で演奏をさせていただきました。

体育館には約700名の受刑者が集まりました。

毎回複雑な思いで演奏の場に立ち会わせていただきます。

罪を犯した人がいるということは、

被害を受けた人もいるということ…。

どんな人が加害者なんだろうと思いますが、

ステージから見る受刑者の方々は、ひとりひとりがほかの人と変わらない

一人の人間です。

私は、専門家でもないし、何も言う立場にないけれど、

なんだか、心か少しだけ痛かったです。

訪問演奏の様子を動画でアップいたしましたので、もしよろしければご覧ください。

訪問演奏をした後、

所長にご案内をいただき、刑務所の中を見学させていただきました。

今回は、作業場とお風呂を見せていただきました。

作業場には、木材の加工ができる大きな機材がたくさんありました。

とある幼稚園の園児が座る、丸みがあって可愛くて温かみのある椅子が制作途中にありました。

金属加工場には、カニを捕まえるカゴ編みがたくさん制作途中にありました。

普段の暮らしの中で月に3回(確か違ったらごめんなさい)

平日のお休みもあるそうで、

今回お伺いしたのは、そのお休みの日だったそうです。

刑務所には、図書館もあるそうです。

ただ、

音楽のない世界だそうで、こうやって音楽を届けられること、

とても貴重な時間をいただいているのだなと感じました。

音楽を聴くことができなくても、

心の中の音楽は、誰にも邪魔されない領域だと思います。

大平まゆみさんがいつも言ってるのは

『音楽は、思い出とつながっている…』ということです。

皆さんは、この音楽を聴くと、

あの頃を思い出す、と言ったエピソードをお持ちですか?

音楽が持っている力。改めて感じました。

もしよろしければ、動画の最後までぜひご覧ください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

アシスタント 奥田

#ヴァイオリン #大平まゆみ #月形刑務所

閲覧数:466回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page