ヴァイオリン独奏


昨夜(15日)、札響とヴィヴァルディ作曲「四季」を全曲演奏しました。

札響とソロを弾くのは何年ぶりでしょう! 

本当に久しぶりのことでした。

高関健氏がチェンバロを弾きながら指揮もしてくださいました。

札響の素晴らしい弦楽器奏者の皆さんに支えられ、

最高に楽しく演奏できました。

昨年度の定期演奏会でオーガスティン・ハーデリッヒさんの

ヴァイオリン演奏を聴き、あまりの美しい音色に衝撃を受けてから

ちょうど1年になります。あのキラキラと光る音を忘れることなく、

自分なりに追い求めてきました。

 今回、自分の理想の音色に少し近づくことができ、とても幸せです。

 練習することがますます楽しくなってきました。

 次の大きなソロは、5月21日に西区オーケストラの皆さんと

キタラ大ホールでご一緒するチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトです。

大好きな曲、明日から練習に打ち込めるのがとても楽しみです。

ぜひいらしてくださいませ。


53回の閲覧

© 2017 by 株式会社Moon PROMOTION  Wix.comで作成したホームページです。